多賀町の観光地情報を掲載しています。多賀大社など神社仏閣もたくさん紹介しています。

夏越の大祓

6月30日多賀大社において

夏越の大祓(なごしのおおはらえ)「茅の輪くぐり」

執り行われました。

約300人の参加者がありました。












夏の大払い式・茅の輪くぐり

夏越の大祓なごしのおおはらえ

と き 6月30日(水)午後3時より

ところ 多賀大社


 “水無月の夏越しのはらへする人は
 
   千歳のいのちのぶといふなり”
 

 


大祓は罪やけがれを人形に託して河や海に流す

神事で、6月と12月の晦日に行なわれます。

6月は『夏越の大祓』といい、合せて行なわれる

「茅の輪くぐり」は夏の風物詩にもなっています。

身も心もリフレッシュして、後半年も息災に

お過し下さい。


多賀大社 お田植まつり

6月6日 お田植まつり

良いお天気に恵まれ、御神田にて

御田植女、御田植踊女、御田植歌女

総勢65人の奉仕者でとりおこなわれました。

その時の様子です。



多賀大社お田植祭のお知らせ

  多賀大社お田植祭

 6月6日(日曜日) 

午後1時

  ・本殿祭

    (本殿祭が終了後、神社より御神田へ 

     豊年太鼓踊り・御田植早乙女・踊女・

     尾張万歳など行列が行われる。)

午後2時より

  ・御神田神事 御湯の式

  ・御田植踊り 御田植え(豊年講員子女奉仕)

  ・御神楽

  ・尾張万歳

*早乙女が菅笠・緋裨・緋袴で古式床しく

 田植え歌に合せて、田植や田植踊りを行う


古例大祭

多賀大社 古例大祭

神門


たがゆいちゃん


お見送り


馬頭人さんのおつきの方々


お使殿とたがゆいちゃん


馬頭人とたがゆいちゃん


子供たちとたがゆいちゃん


ささゆりむすめとたがゆいちゃん

能舞殿



車戸川のやまぶき

古例大祭(多賀大社)のご案内

4月22日(木)「多賀まつり」

昨年の女武者

本殿のおまつり(午前8時半)


馬頭人 山口甚五郎さん


御使殿 藤川 慧さん


おわたりの用意(午前10時)

おわたり栗栖へ出発(午前10時半)

おわたりは先ず、栗栖の調宮神社へ向います。

調宮では、お祭りが行なわれ、しばらく休憩

します。

馬頭人と御使殿は午前11時に賓台へ向い、

ご幣合わせを行ったのち、本社へ帰ります。

おわたり栗栖を出発(午後1時)

おわたりご本社前を通過(午後2時

ご本社前で馬頭人、御使殿も行列に加わり

ます。

打籠お旅所に到着(午後2時半)

お祭りが行なわれ、しばらく休憩します。

富ノ木渡し式(午後3時半)

富ノ木を宮司が馬頭人と御使殿に渡します。

この富ノ木というのは調宮に生えている

桂の小枝で豊作を祈るしるしです。

本わたり(午後4時)

本社へお帰りになる行列で、祭りのハイライトです。

おわたりのお帰り・夕日の神事(午後5時


以上のとおりですが、天候などにより多少の遅速が

あります。

多賀大社節分祭

多賀大社節分祭

2月3日(水)

午前11時と、午後2時の2回

能舞殿の前の設置舞台から

還暦の方々により福豆・福もちまきが、行われ

ます。

また「鬼の舞」が奉納されます。

本豆知識

豆まきは、俗に「鬼やらい」や「厄落とし」

等と呼ばれ、厄病等をもたらす

悪い鬼(悪霊)を追い払う儀式です。


昨年の節分祭の様子

昨年の節分祭の様子









秋の多賀祭り

秋の古例祭

9月9日多賀大社に於いて古例祭が行なわれました。

境内では、古知古知相撲が行われました。






お渡り






鳳輦の太閤橋渡し




多賀大社万灯祭

多賀大社 万灯祭

子供みこしの様子



多賀音頭総おどり(4日)の様子



近江猿楽多賀座(5日)の様子



杉坂山御神火祭

杉坂山御神火祭

杉坂山のご神木三本杉の麓で御神火祭

が、厳かに行われました。

多賀大社の神職により、古式に則り火を起こし

火種を「ささゆりむすめ」に委ねられ社殿まで

運んで来られました。これにより、境内の提灯

が一斉に灯もり万灯祭の幕開けです。










カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

携帯サイト

qrcode